集客効果を高める美容室の看板作成に適した素材や形状

集客効果を高める美容室の看板作成に適した素材や形状

 

美容室の看板のイメージはどんなものを思い浮かべますか?街中では、インパクトが強く、かつデザイン性が高くておしゃれな看板が多くみられると思います。

 

今回は、そんな美容室のアピール性の強い看板の製作のコツや集客アップにつながる方法をご紹介します。そして、よく美容室で使用される看板の形やその効果などもご紹介していきます。きっとこれを見たら、おしゃれなデザインで効果のある看板を作れること間違いなしです。

 

目次

 

アピール効果の高い看板を作成するコツ

アピール性の高い看板を作る時に注目なのは、アイキャッチ効果を高めることと美容室の雰囲気を出して集客アップさせることです。では詳しくご紹介します。

 

 

アイキャッチ効果を高める工夫をする

アイキャッチ効果を高める工夫をする

 

広告や看板は一瞬で人の注意を引く必要があります。人は、文字を認識するのに2秒かかるとされており、写真やイラストなどはそれより早く認識すると言われています。つまり、写真やイラスト使用することで一早く人の注意を引くことができるわけです。

 

そのなかでも、人物写真は特に効果があり、人の目で人を呼び込むということが良いとされています。美容室の場合以下の3点が挙げられます。

 

 

カットモデルなどの人物写真を使用する。

もっともアイキャッチの効果のある写真を使用することで、看板に注意を引くことができるでしょう。また、どんな綺麗でかわいい店舗でも店員の技術などが見えないため入りづらいということがあります。どんな仕上がりになるのかをイメージしやすくするためにも、実際にカットしたモデルさんの写真を使用すると良いでしょう。

 

カットの技術力をアピールすることで、看板を見た人に安心感を与えることができます。カット前とカット後の写真を並べて提示する、おすすめのカットや施術方法の写真などを取り入れる、などにより技術がはっきりし、看板効果がアップするでしょう。

 

 

看板の形に特徴をもたせる
街中で多く目にする看板の大半は四角の形をしています。美容室も増えてきており、よく見かける店名のみの看板や施術メニューのロゴデザインのみの看板ですとあまり目立たず埋もれてしまっています。

 

そんな街中で他店より目立つ看板を製作するためには、形を変えてみることも大切です。美容室ならではのはさみの形や美容師を模った形など、ユニークな看板を作り目立たせてみるのも良いでしょう。

 

 

手書きの看板にする
美容室を選ばれる際に、お店の看板や外観からくる雰囲気で選ばれるという人多いのではないでしょうか。高級感や温かみのある店、癒しを大切にしている店などは、看板の印象からも読み込めるでしょう。その中でも、温かみのある入りやすい店やナチュラルテイストのサロンにおすすめなのが手書きの看板です。

 

 

よくカフェなどの入り口などに置いてあるスタンド型の看板です。表面が黒板になっておりチョークなどで書くことができ、手軽に書いたり消したりができます。手書きだと、そこで働く人の「人柄」などが分かり優しい印象を与えることができ、お客さんも安心して入りやすくなるでしょう。カフェのようなおしゃれな美容室を目指しているお店には、特におすすめです。

 

 

美容室の雰囲気が伝わる看板で集客力アップ

多くの女性が美容室やサロン、エステなどに行く際に特に重要視されるのは、お店とスタッフの雰囲気ではないでしょうか。それが明白になっていないと、安心してお店に入ることはできないかと思います。

 

そこで、看板に店内の写真とスタッフの写真を掲載することはとても重要なポイントとなります。店内の写真を掲載することで、店の雰囲気が見て取れます。どんな空間で施術してもらえるのかをイメージでき安心感につながります。

 

また、スタッフの写真の掲載によって男性なのか女性なのかが分かり、どんな人に施術してもらえるのかを事前に知ることができます。お店に入ってどんな人が担当になるのだろうとびくびくすることもないですし、男性スタッフと女性スタッフで人によっては女性が良いという場合もあるため来店前に知ることができることは重要です。

 

美容室では自分の髪を触られるということで、他の業界よりもより安心感を出した看板にすると来店しやすいお店という認識を持ってもらえます。そして、そのことが集客アップにも繋がるのです。

 

 

美容室看板の種類と活用方法

美容室の看板は店名の看板だけではありません。施術メニュー表といって、文字ばかりの看板も目にしたことがあるのではないでしょうか。店名だけではなく、実際にできるその施術メニュー表も大切な看板です。その役割をお伝えするとともに、そのメニュー表看板の形や種類をご紹介しましょう。

 

 

美容室にある看板に期待できる効果

美容室にある看板に期待できる効果

 

よくお店の前に置かれているメニュー看板。美への意識が高い人が来店する美容室では、最初におもてなしをするお店の顔といってもよい存在です。

 

そのため、お店のコンセプトや雰囲気をより引き立たせるためにも重要な役割を持っています。また、お客様に店舗のコンセプトを伝えるツールになっており、高級やおしゃれ、かわいいや癒しなどといったコンセプトや雰囲気が伝わることで安心して入りやすいお店となっているのです。

 

 

美容室の看板で見られる主な形

 

定番中の定番!A型看板


 

飲食店を中心によく街中で見かける看板です。店舗の前を歩く通行人に対して直角に置くことでアピールできます。中に入れてあるポスターを差し替えるだけで、看板の内容を変えることができます。施術メニューやサービスの内容もすぐ変更できます。畳んで収納できるため場所も取らず楽に設置できます。

 

 

おしゃれなL型看板


L型は、A型看板より奥行きがないため、設置スペースが取りづらい所や正面に向けて設置したい場合おすすめです。看板の表面がやや斜めになっているので垂直の看板より下まで読みやすいため、文字が多くしっかり下まで読んでほしいヘアカラーなどの施術メニュー看板には最適です。

 

 

 

美容室やサロン向け!R型看板・カーブサイン


 よく美容室やサロン、エステなどの美容の分野や飲食店などを中心によく使用されているR型看板(カーブサイン)。表面が曲線になっているので、おしゃれで特徴あるデザインのため人気です。縦長のデザインが多いので、文字数の多い施術メニューにはおすすめです。

 

 

暗闇の中輝く電飾看板


営業時間が夜遅い場合や、店の前や周辺が暗い場合におすすめなのが電飾看板。
昼間は通常の看板として使用でき、日が暮れてきたからはより明るく輝いて目立たされます。周辺が暗ければ暗いほど、より目立つので繁華街より離れたお店にはおすすめです。

 

 

 

高級感を与えるT型看板


表面が地面に対して垂直になっているT看板。その中でも、表面すべてが看板になっているものは高級感をだし、落ち着いた雰囲気になります。店舗の外観を一体化しやすく、高級感をより欲しいお店にはピッタリです。

 

 

 

イーゼルに乗せておしゃれ感をだそう


施術メニューの印刷物をフレームに入れてイーゼルに乗せる方法です。看板としてカチッとしないのでカフェ風のお店などにはおすすめです。しかし、雨の日や風の強い日などは防水加工が必要ですし、フレームが落ちないように気を付ける必要があります。

 

 

 

ナチュラルテイストのお店にぴったり!木製看板


表面が黒板になっており、チョークで施術メニューを書くことができます。色チョークで消したり書いたりができるので、季節感の内容や短期間のイベント内容などを書くことができます。例えば、「夏のおすすめカット」「卒業式のヘアセット」などと言ったものもアピールできるので人気です。また、手書きは人の温かみを感じることができ、優しい雰囲気を与えるため入りやすいお店になります。

 

 

用途によって使い分ける看板の種類

 

・電飾看板・・・周囲が暗い場合に明かりを放つことで目立つために効果的です。

 

・木製看板・・・手書きができ、人の温かみを伝えるために効果的です。

 

・スタンド看板・・・人通りの多い道などに設置することで人を引きつけるのに効果的です。

 

・のぼり旗・・・野外ツールとしてコストパフォーマンスに優れたものです。路面店で駐車場などのスペースが広い所だと数本等間隔に設置することで車のお客様にも効果的です。

 

・イーゼル・・・大型ショッピングセンターや複合施設の中の店舗などに特におすすめです。ポスターフレームの中にチラシや印刷物を入れてイーゼルに置くだけと簡単に設置ができます。ただ、人がぶつかり、風があたるような場所におくとフレームが落ちる場合があるので注意が必要です。また、外に置く場合は防水加工が必要です。

  

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、以下のポイントをご紹介しました。

 

・写真を使うことで安心感して入店してもらえる
・看板の形を工夫することでアピールする
・それぞれの素材・形には特徴があり、与える印象も異なる

これらを参考にして、他の看板と差をつけたデザイン看板を作成してみてください。参考にしても難しいなと感じたら、気軽に業者の方に相談してみると良いでしょう。

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼