最新情報・レポート

ここでは、看板110番の最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

集客に成功している飲食店看板の共通点

集客に成功している飲食店看板の共通点

 

普段何気なく見ている看板にもそれぞれ種類や目的があるというはご存じでしょうか?看板には高い広告効果があり、集客率を上げるためには看板を上手く活用しなければいけません。集客に成功している飲食店には、看板の広告宣伝効果によって売上が伸びたといった事例もあります。


看板の設置目的を明確に把握しておかなければ、広告の効果を充分に得ることはできません。今回は看板を設置する目的や種類、デザインの際には何を訴えなければいけないのかをご紹介します。飲食店の看板の失敗例も取り上げるのでぜひ参考にしてみてください。



看板を設置する目的を理解している

看板を設置する目的を明確に理解しておくことで、看板の持つ宣伝効果をより発揮することができます。広告を設置する主な目的は以下の通りです。


・広告宣伝

店舗を新たに出店する際に、どのようなことをしているお店なのかを理解してもらう必要があります。イベントやセールなどの期間限定イベントを行う際にも、イベント内容を伝える目的として看板を使用することが可能です。看板はCMやチラシと比べると比較的安価で制作することができます。設置期間を長くすることで、人の目に触れる機会も増えるため反復請求効果を期待することも可能です。


・店舗への誘導

看板を設置しておくことで店舗の宣伝効果だけでなく、誘導手段としても活用できます。店舗への道順を掲載しておくことで、遠方からの来店も期待することが可能です。看板のデザインにも工夫を施すことで興味を引くことができます。


看板の種類と特性を理解している

看板の種類と特性を理解している

 

・屋上広告・屋上看板

ビルやマンションなどの屋上に設置してある大型看板で、広告掲出面が大きいという特徴があります。メーカーやブランド、大型店舗などの施設でよく使われています。広告が1つのシンボルとしての役割を持つため認知度はとても高いです。統一した広告を展開することでブランドの価値を高める目的として利用されます。


・野立て看板

店舗用の看板として案内看板などにも使われる屋外看板です。他の看板と違い自由度の高い看板を掲出することができます。出店エリアでの中期的な認知度を上げる目的として使われることが多いです。案内看板としての役割を持つため、集客や販促にもつながります。掲出するエリアの交通量などを分析しておくことでより効果を高めることが可能です。


・壁面看板

建物の壁面に設置する看板なため、広告面を広く使うことができます。その店舗のイメージを伝える効果もあるのが特徴です。建物と店舗に一体感を出しながら誘導する目的として使われています。


・懸垂幕、横断幕、のぼり

百貨店などのビルの壁面に取り付ける広告です。セールやイベントなどの期間限定イベントの告知としてよく使われており、アピール効果が高いです。制作費用も比較的安価なため、イベント毎に細かな変更をすることもできます。短期的な広告として高い効果を持つのが特徴です。


デザインのポイントは何を訴えたいのか

看板をデザインする際には、何を訴えたいのかを考えなければいけません。集客率の高い看板にはそれぞれポイントがあるのでご紹介します。


・一目見るだけでどのようなお店か分かる

看板を見る主な層は通行人です。歩きながらでも目に留まるようなデザインで制作し、一目で店のイメージが伝わるようにすることが重要になります。派手すぎてしまうと何のお店か分からなくなり、地味すぎる場合は印象に残らなくなり存在感も減ってしまいます。看板を見る時間は近くを通った一瞬の場合が多いです。一目で分かるデザインにしておくことで、店のイメージを訴えかけることができます。


・連絡先などを載せる

興味を持っていただけた場合に、店舗名しか載っていない場合は問い合わせをすることができません。看板にも連絡先や営業時間などの店舗情報を明確に記しておきましょう。すべての情報を記載してもまだ空きがある場合は、お店の印象を上げるアピールポイントなどを載せておくことでよりお店のイメージを上げることができます。看板はいかに良いイメージを与えるかが重要です。


・背景の色に気を付けながら視認性を高める

看板の大まかな部分は文字で構成されています。この文字が見にくければ意味がありません。視認性を高めたい場合は背景の色を工夫しましょう。背景色に対して、文字の色の明度の差を大きくすることで見やすくなります。背景が黒であれば、白の文字を使うことで見やすくすることが可能です。しかし、明度の差に気を使いすぎてお店のイメージと合わない看板にしてしまうとイメージが下がってしまう可能性があるので注意してください。


飲食店看板の失敗例

飲食店看板の失敗例

 

・耐久性の低さ

看板は屋外に設置することが一般的です。そのため紫外線や雨風を浴びてしまいます。耐久性の低い素材を使用しているとすぐに壊れてしまい、修理が必要になってしまいます。修理をせずに放置しておくことで飲食店としてのイメージも悪くなり、印象に残らなくなってしまうので注意してください。修理だけでなく普段から綺麗に保つように定期的なメンテナンスが必要です。


・設置する向き

どれほどデザインが良くても看板の向きに気を付けなければ効果は発揮されません。看板は人の目に入らなければ興味を引き付けることができなくなります。自動車やバイクに乗っている人をターゲットにしている場合に、看板を道路に平行に設置してしまったという失敗例があります。平行に設置してしまうと、運転速度によっては内容を理解することが難しくなるので気を付けなければいけません。


・デザインの問題

目的だけが目立ってしまい広告内容が適切でないといったケースも見られます。伝えたいことが多くある場合でも、情報を盛り込みすぎてしまうと複雑になってしまい逆効果です。店名や企業名だけを載せている飲食店もあり、広告宣伝としての役割を果たせていないものもあります。飲食店のイメージを取り入れたカラーリングを行い、視認性を高めることが重要です。


まとめ

看板はただ設置するだけでは最大限の効果を得ることはできません。どのような目的があり、なにを伝えたいのかを明確にしておかなければいけません。飲食店の集客を上げ成功するためには、看板の持つ効果をしっかりと理解し、店舗のイメージに合ったものを制作しましょう。看板を有効活用することで集客率が上がり、売り上げの向上にも繋がります。

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼