店舗看板を製作しよう!知っておきたい製作の流れと製作費

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

店舗看板の活用例と適切な看板屋の見つけ方

お店にとって看板は非常に重要な役割を担っていると言えます。看板がお客様に与える印象によって売上が左右されると言っても過言ではないでしょう。看板には、内装の工事以上の表現力と工夫が求められるのです。看板は、店舗の存在を知らせるため、大きく、人目を引くデザインにしなくてはいけません。

 

例えば、スーツやオフィスカジュアルを売りにする一般的なアパレルショップの場合だと、スーツを着たモデルの写真が大きく張り出されています。あるいは、オシャレなディナーを提供するイタリアンレストランの場合だと、シンプルに横文字が印刷されているだけでも洗練された印象を与えます。

 

一口に看板と言ってもその利用法は十人十色。お店の分だけ活用例が存在します。「自分のお店はどういうコンセプトで」「見た人にどのような印象を与えたいか」「どのような物を提供するのか」「何を求めてやってきてほしいのか」などなど、自分のお店の方向性について掘り下げることが、適切な看板屋を見つけるためにも重要でしょう。

 

看板屋によって異なる!店舗看板を製作する手順

看板屋によって異なる!店舗看板を製作する手順

看板屋によっては、店舗看板を製作する手順が異なります。看板の製作する手順としては、看板のみの「購入」、持ち込みのデザインデータを用いて製作する「データ入稿」、看板のデザイン案の作成から依頼する「デザイン制作」の3つに大きく分けられます。

 

大まかな流れは、データ入稿の場合、大まか流れは「見積もり → 注文 → 入稿 → 完成」、デザイン制作の場合、「見積もり → 注文 → デザイン作成 → 校正(確認) → 完成」といったようになっています。

 

また、店舗によっては納期を明確に提示しなくてはいけないところもあります。「いつまでに欲しい」「この日には使いたい」など希望の納品日を提示しておくと制作側も完成のめどが立てやすいかもしれません。看板製作をスムーズにおこなうためにも、制作側とスケジュールをその都度相談しながら進めていくことをオススメします。

 

看板を選ぶコツと店舗看板のデザイン例

わかりやすく、雰囲気がよく、親しみやすく、「楽しそう」「おいしそう」「信頼できそう」などポジティブな感情を揺り動かし、「一度入ってみようかな」という気持ちにさせる看板が、優れた看板と言うことができると思います。。

 

美容系店舗であれば、開業時間など「基本情報」をはじめとして店舗の施術イメージと結びつきやすい「モデル写真」、ターゲットになりやすい女性層の親しみを得られそうな「フォント」、この3つだけを意識しても出来上がりは違ってくるでしょう。写真があるかないかではお店の雰囲気の伝わり方も違います。

 

飲食系店舗であれば、まずはお店のコンセプトを明確に打ち出します。同じ飲食店でも家系ラーメンなのかカフェバーなのかではターゲットもイメージも全く別のものになってきます。「基本情報」は見えやすい位置に、お店のメインとなるメニューの「写真」と「価格帯」を打ち出せば、客側のニーズに合った情報を提示することができるでしょう。また、サインデザインやロゴデザイン、ロゴタイプなど店舗看板のデザインもさまざまな種類があります。

 

看板の種類選びにおいては、自店舗のどのようなイメージを与えたいのかを考えることが大切です。できるだけ店舗のイメージとよりマッチしたサインを選択しましょう。店舗オリジナルの看板を作るなら、素材集めからこだわってみるのもよいかもしれません。

 

自分の要望に合わせた看板屋を見つけましょう!

店舗によって要望はさまざまあり、ひとつとして同じ希望はありません。わかりやすい看板を作りたい、雰囲気がいいものがいい、野外にも屋外にも看板を作りたい、デザイン重視の看板を作りたい…などさまざまなご要望にお応えできる看板屋をお探しではないですか?

 

看板屋にとって依頼できる内容は異なります。得意とするものも違います。店舗にとってこれから長い付き合いになることもあるため、相性のあう看板屋を見つけることが大切でしょう。こちらにご相談いただければ、あなたに合った看板屋を見つけることができるでしょう。365日24時間承っておりますので、思い立ったが吉日、いつでもご連絡ください!

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

店舗看板の製作を依頼したときの料金

一般的に看板屋に依頼する場合の目安は15万~30万円というところが相場だと思いますが、看板パーツではなく外観をトータルで注文するとその倍近くかかると見ておいてよいでしょう。しかし、看板は単純に価格=価値ということではありません。ここからは看板にどのくらい費用をかけたらよいのかについて見ていきましょう。まずは、費用の計算方法を知り、それから看板製作で費用を割くべきポイントを紹介します。

 

店舗看板の制作でかかる費用の計算方法

店舗看板の製作を依頼したときの料金

スタンド看板の場合、おおまかに以下の合計になります。

 

「看板本体代」+「印刷作業代」+「デザイン製作費」

 

「看板本体代」は看板本体にかかる金額です。用途や大きさ、看板の種類や加工方法によっても金額が変わってきます。「印刷作業代」はデザインデータを印刷機に掛けて出力する金額です。看板の種類によって、看板の表示面に印刷シートを貼り付けたとき「貼り込み代」などが含まれる場合があります。「デザイン製作費」は、デザインデータを作成するときにかかる費用のことです。

 

店舗看板の製作料金を無駄にしないコツ

店舗看板の制作料金を無駄にしないコツは、3つあります。

 

・お店の知名度によって看板にかける費用を変える

医院や問屋など、ある程度、近隣住民の信用を得られやすい職種や立地であれば、そこまで看板にお金をかけなくても済むかもしれません。むろん、看板の骨を木で製作するかアルミで製作するかで費用は異なりますが、将来的に店舗の改装などを考えているのであればコストパフォーマンスということも重要になってきます。

 

飲食店や美容院など店舗の改装スピードが速い業種の場合は木などで製作しコストを抑えてもよいですし、医院や事務所など基本的には改装を行わないのであれば長期的な視点でステンレスやアルミなどで看板を製作すると高いコストパフォーマンスが見込めるでしょう。

 

・看板の材質を何にするかしっかりと考える

看板製作費用に大きく影響を与えるのはサイズと材質です。店舗が大きくなればなるほど看板面も大きくなっていきます。材質は、耐久性と密接にかかわってきます。頑丈になればなるほど費用はかかりますが、そのぶん長く使うことができるようになります。例えば、LEDは普通電球に比べて約倍の費用がかかりますが、消費電力や耐久性が優れています。長期的な視点で考えることが重要になります。

 

・店舗看板にかかる費用は投資と考える

看板の費用を安い、高いと考えてもよいのは看板をそのまま「費用」とする場合のみです。逆に看板を「投資」だと考えてみると、相場から考えて価格を見定めるより、より適正な価格を導きだせることがあります。看板に費やした投資を後から回収すると考え、シミュレーションしてみましょう。

 

看板が持つ自分の店舗にとっての「適正」な価格かどうかは、店舗の立地や客単価・リピート率、売上率などさまざまな要素から決まってくるということです。つまり、看板を安くするも高くするも店舗次第ということですね。

 

店舗看板でお悩みのときにはいつでもご相談ください

人は文字よりも色や絵などを先に認識するため、看板にとってロゴやデザインは非常に重要な部分を占めます。看板はお店の顔です!「看板を色々見ているが結局どれが一番合っているのか分からない…」「うちの店舗にふさわしい看板屋が知りたい」「プロに一から作ってほしい」など、店舗看板でお悩みのときはいつでもご相談ください。

 

また、繁盛店の看板を見て参考にするのも一つの手です。あなたの店舗にふさわしい看板を製作できる看板屋がきっと見つかるはずです。ご相談はお電話にて、24時間365日受け付けています!

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼