袖看板はどこで活きる?その活用例と注意点まとめ

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

袖看板に取り入れられているデザインと看板製作における注意点

袖看板は、遠くからでも見える宣伝効果が魅力の看板です。繁華街などでお店や会社の所在を知らせる効果もあります。突き出し看板とも呼ばれているこの看板は、ビルの壁面から突き出すように設置されます。

 

袖看板には、四角や丸型、小型~大型まで形やサイズによって種類がさまざまあります。また、使われる素材も看板によって異なります。面板に使われる主な素材はアクリル板やプラスチック、FFシートです。また、フレーム部分はステンレスやアルミが使われます。点灯するタイプもあるので、看板設置の目的に応じて適切な看板を選んでいきましょう。

 

袖看板が活躍する場所とデザイン

袖看板に取り入れられているデザインと看板製作における注意点

宣伝効果が高い袖看板ですが、実際にどのような場所でどんなデザインを取り入れて活用されているのでしょうか?ここでは、活用例を場所別に紹介していきます。

 

‣飲食店

繁華街でお店の存在をアピールするにはもってこいです。デザインとしては、目立つ色を取り入れたり、イタリアン料理のお店であれば国旗の色を前面に打ち出したものなどがあります。和食のお店では、字体を筆で書いたかのように見立てたりすることもあります。

 

 

‣深夜まで営業する飲食店

暗くなってからもにぎわうラーメン店や、終電の時間まで必要な金券ショップ、居酒屋などでは、電飾をあしらった袖看板がよく見られます。面板自体が光るようにしてあるものや、フレーム部分に電球をつけてアピールするものなどがあります。

 

主に繁華街でみかけることの多い看板なので、このように飲食店で取り入れられることが多いですが。他には、病院や駐車場、教室、不動産、サロンなど幅広い業界で活用されています。それぞれの場所の個性を表現しつつ、時計を一緒に取り付けたり、見る角度によって色が変わる内部照明の導入など、目立つためのデザインを取り入れる場合もあります。

 

袖看板は設置ルールに要注意!

袖看板は、壁から突出すように設置する看板です。そのため、あまりにも低い位置に取付てしまうと、通行する人がケガをしたり、思わぬ事故につながることもあります。そのため、屋外広告物条例というものがさだめられています。袖看板の設置時は自治体ごとのルールを順守するようにしましょう。

 

自治体によって異なることがありますが、看板が歩道にはみ出てしまう場合は、壁からの出幅や地上から看板までの高さに考慮しなくてはいけません。加えて、歩道から出る袖看板の設置には「道路占用許可申請」も必要になります。申請には、申請書のほか、手数料などもかかります。看板の大きさによっては、「工作物確認申請」も必要になる場合があります。このように、袖看板の設置にはさまざまな条例や法律、他には景観問題が関わってくることがあるので、注意しなくてはいけません。

 

希望に沿った袖看板製作を行える業者にご依頼を

袖看板の製作を依頼するときにも、気を付けなくてはならないことがあります。それが、どの作業まで業者に依頼できるかということです。看板屋は数多く存在しますが、看板が出来上がるまでの工程や作業内容は業者によって異なります。

 

例えば、既製品から好きな看板を選ぶことができる業者や、デザインの段階から関わってくれる業者もあります。他には看板の土台となる部分、色、デザインをそれぞれ選定していきながら看板を作ることもあります。また、設置後のアフターケアがついている看板屋もあります。

 

看板屋といっても、その工程はさまざまです。袖看板製作を一からお願いしたいのか、または難しい設置など一部の作業のみ依頼したいのかなどで適切な看板屋は変わっていきます。希望にあった看板屋を見つけたい!とお考えの皆様に、当サイトがお力になります。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

袖看板の制作を依頼したときの料金

袖看板を製作する際には、どれくらいの金額が必要になるのでしょうか?お金のことなので、袖看板を取り入れたいとお考えの法人様にとっては重要なことです。ここでは袖看板にかかる料金の計算方法や、費用をおさえるために有効な見積もりをうまく生かす方法についてを紹介していきます。

 

袖看板の制作でかかる費用の計算方法

袖看板の制作を依頼したときの料金

袖看板にかかる価格は、業者によってもちろん変わっていきますし、依頼する内容によっても大きく変わっていきます。そのため、具体的な金額を提示するのは難しいのですが、袖看板の料金を決めるものとして以下の項目があります。

 

  • ・素材、サイズ
  • ・デザイン内容

 

袖看板にどのような素材を使うのか、サイズはどれくらいになるのかといった基本的な部分から、形やデザイン、発光するタイプにするのかによっても料金が変わっていきます。また、設置場所の関係上、設置料が追加でかかることもあります。

 

袖看板の料金を安くおさえるコツ

袖看板製作の具体的な費用を知るためには、見積もりが有効です。見積もりをとることで、実際にかかる費用を明確化できるほか、うまく活用することでお得に施工に入れる場合もあります。そのために、見積もりをとる前に以下のポイントを確認するようにしましょう。

 

  • ・無料の調査・見積もりを行ってくれるか
  • ・相見積りも可能か
  • ・見積もり後の追加料金は発生しないか
  • ・見積もり後のキャンセルは可能か

 

看板110番なら、上に挙げたポイントを満たしています。どなたにでも安心してご利用いただけるようなサービスを展開中です。

 

袖看板の製作でお悩みのときにはいつでもご相談ください

袖看板を製作して設置をするためには、一定のコストがかかります。そのため、費用を無駄にしたいためにも、さまざまなご要望がでてくるでしょう。

 

「できるだけコストを抑えたい」「自分でできる作業は自分で行いたい」「袖看板の設置をお願いしたい」「通常の業務が忙しいからすべて任せて手間を省きたい」「デザインにこだわりたい」「集客率アップのために、知識が豊富なプロの手を借りてみたい」袖看板製作に関するご要望は、このようにたくさんのケースが考えられます。すべての希望を叶えてくれる業者を見つけることは、なかなか難しいことです。

 

しかし、看板110番では、ご依頼者様に合わせた看板屋を見つけることも可能です!見積もりやご相談は無料なので、この段階ではお金の心配は要りません。まずは直接、看板製作のプロと話してみませんか?

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼