札幌市対応の弊社加盟店のご紹介

アクセス株式会社
アクセス株式会社は、札幌を拠点に看板製作・看板修理などを行う会社です。人は視覚による情報量が非常に多く、印象もそれによって大きく左右されると言います。ですから、巷に溢れる看板もどう作るか、どう見せるかで印象が変わり、それによって集客にも影響してくると考えられます。アクセス株式会社は、お客さまのご要望をお聞きし、お客さまが描いているイメージを大切にしながらも、より個性的かつ印象的で、集客にも繋がるような看板作りを提案をするよう、心がけている会社です。看板と一口に言っても様々なものがあります。材質をどうするか、文字フォントをどうするのか、電飾を付けるのか、照明はどうするのか、など選択肢は沢山あり、どう組わせるかで世界に一つだけの看板が出来上がります。しかし、それが唯一の個性的な看板であっても、他の看板に埋もれては意味がありません。奇抜さではなくしっかり存在感を出すことも重要です。札幌で看板製作をお考えなら、アクセス株式会社のような看板製作の実績が豊富な会社が便利です。
オリジナルワークス有限会社
オリジナルワークス有限会社は、札幌市を中心に広く活躍しているデザイン設計事務所です。店舗設計・施工をメインに行っているので、多くの人の興味を惹く意匠デザインはお手の物。ファサードや内装だけではなく、お店の顔とも言うべき看板の製作も行っています。店舗経営をしている方にとって、看板は集客のための重要アイテムです。斬新でお洒落な看板、あえて古く仕上げて味を出した看板などデザインは自由、作ろうと思えばどんなものでも無限に出来ますが、大切なのは店のイメージと合致しているかということ。自然をテーマにしたお店なのに、電飾がキラキラした看板ではあまりにもミスマッチ、お客さんの興味も薄れてしまいます。お店のカラーがどんなものであるかをはっきりさせ、それを軸にデザインを広げていくことが重要です。個性的かつ実用的な看板を作りたいならば、オリジナルワークス有限会社のようなデザイン事務所に依頼するのが便利です。
メモリーライフ
メモリーライフは、札幌において看板製作・修理・清掃をはじめ、外壁塗装、砂利舗装、草刈り・伐採など、外観の整備に力を入れている会社です。何気なく通った道でも、目を引くような看板があれば「どんなお店だろう」と思わず足を止めてしまうように、看板は私たちが一番にその店を認識するものです。白地に黒字で店名だけを書いただけの看板・・・勿論、あえてそのデザインを採用している店もありますが、それも周囲の立地や店の個性を考慮してのこと、個性的な看板が乱立する中でそのような看板では、埋もれてしまう場合があります。それだけに拘ってはいけませんが、看板はやはり目立つということも大切です。メモリーライフでは、外観整備に携わってきた実績が豊富ですので、その場所ではどんなデザインの看板が最適であるかの提案をしてもらえるはずです。

札幌市の景観条例は?看板について紹介

札幌市は北海道の道庁所在地として国によって認識されており、190万人前後の住民が暮らしている町でもあります。そこで札幌市で看板屋を使って看板を製作する場合において、どのような点に注意をすれば良いか説明をしていきます。景観条例という法律を守る必要があり、その基準に伴って看板屋に依頼をしなければいけないことが注意点となっています。札幌市にはとても多くの自然が残されている場所となっていますが、その風景を壊すようなデザインを描くことは禁止となっています。ただ闇雲に看板製作をして良いわけではなく、ちゃんと景観条例という法律を守った上で作っていきます。景観条例を無視して作ってしまうと、それが看板製作をした看板屋のイメージダウンにつながってしまうことがあります。同時に札幌市にも大きなダメージが出てしまうため、常識の範囲内で作っていくことが重要です。ですが景観条例を守って製作をすることで、逆にイメージアップにつながる看板を作ることも可能となっています。看板屋で扱っている材料については、1つめに木材というものがあります。これは手彫りでお店の名前などを掘っていくことが多く、看板に深みを出したい時に活用することが出来ます。ですが機械で掘っていくわけではないため、完成するまでに若干時間がかかってしまうことが注意点となっています。ですが他のお店にはない個性的なものに仕上がることが多いため、自分のお店ならではの長所が欲しい時に活用することが出来ます。そして2つめにプラスチックで作られることがあり、こちらは手彫りではなく機械で文字を彫っていきます。そのため手作り感についてはあまり出ませんが、その分すぐに作成することが出来るのが特徴です。なので早急に看板製作を依頼したい時には、プラスチックで作ってもらうことでメリットが多く得られます。また札幌市は積雪量が他のエリアに比べて多いため、防水性においても優れていることも特徴となっています。

札幌市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2017年03月17日
    エリア
    北海道札幌市中央区
    参考金額
    33,000円

    事務所のビル内での移転に伴い、既存の看板の取り付け位置の変更と、玄関およびポストに設置された銘板の内容の変更を依頼したいとのご相談をいただきました。デザインについては相談のうえで決定したいとの希望があり、看板に記載する文字は会社名が既に決まっているためデータの提出が可能とおっしゃっていました。納期は最短で対応してほしいとのご要望をお伺いいたしました。

  • 受付日
    2016年02月12日
    エリア
    北海道札幌市白石区
    参考金額
    60,000円

    看板の土台は既にあり、設置も自身でできるため、看板の作成のみをお願いしたいとのお問い合わせをいただきました。対象となる看板はデザインなしのプラスチック看板で、サイズは縦240センチメートル×横59.5センチメートルとのことでした。指定の日程までに作成ができれば、納期はいつでも良いとおっしゃいました。

  • 受付日
    2016年01月16日
    エリア
    北海道札幌市白石区
    参考金額
    35,000円

    片面パネルのことで困っているというお客様からお電話をいただきました。飲食店の片面パネルを割ってしまったというご相談でした。そのことを店舗にはまだ伝えていないので、一度相談に乗ってほしいとのご希望。納期についての相談もお求めでした。

  • 受付日
    2016年01月13日
    エリア
    北海道札幌市西区
    参考金額
    20,000円

    ご自宅に事務所を開業される方より、看板作成のご依頼がありました。開業のスケジュールは既に決まっており、それに間に合うように作成してほしいとのご依頼でした。大まかなデザインは決まっているものの、一度相談に応じてほしいとのこと。まずは、折り返しの連絡を待っているとおっしゃいました。

  • 受付日
    2016年01月12日
    エリア
    北海道札幌市中央区
    参考金額
    100,000円

    看板を作成してもらいたいというお客様からお電話をいただきました。彫金教室を行っている方で、アルミ看板と木製看板の2つで考えているとのことでした。納期についてですが、特には希望していないとおっしゃいました。

その他の施工事例紹介はこちら

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼