優れたデザインの看板の作り方|【格安】プロの看板屋が1万円~製作・制作します|看板110番

最新情報・レポート

ここでは、看板110番の最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

優れたデザインの看板の作り方

看板のデザインは、そのお店の特徴やオリジナリティが色濃く反映される場所です。また、優れたデザインの看板はお店の集客効果や企業のイメージにも関係しますので、こだわって作りたいところです。
しかし、いざデザインを考えてみると、どこに気をつけて良いのかわからない、良いデザインが思い浮かばないということも珍しくはありません。
そこで、今回はデザインを左右するポイントや気をつけておく点についていくつか紹介したいと思います。



看板1

看板を制作する前に確認するべきこと


屋外の看板は【屋外広告物】となります。
したがって外に看板を設置する場合、確認しなければいけないことがあります。
国土交通省の定めた屋外広告物法です。外に設置する看板は不特定多数の人の目に触れるものですから、景観の維持を大きく損なうもの、公序良俗に違反しているもの、未成年者へ悪影響を与えるような看板は設置が規制されています。
各市町村で屋外広告物法に基づき屋外広告物条例を定めており、地域によって基準や取り決めが違っているので、屋外に看板設置を考えている方はまず設置する地域の条例を確認してください。代表的なところだと京都市ですが、他にも歴史的建造物が多く存在する市町村や、観光などで収益を挙げている地域はかなり厳しく条例を定め、看板設置時の登録を義務化、その際に厳しく審査している場合がほとんどです。
小中学校周辺には看板が完全に設置できない地域や、広告の質を厳しく審査されるところもあるようです。
高さや大きさも、人命に関わる事故防止のため厳しく取り決めが行われているところが多いです。
違反すると市町村の条例にのっとり、罰金などのペナルティを受けますので十分気を付けましょう。

周りの景観と合わせてみる


たとえ条例に違反しておらず、法律的に問題のない看板であってもあきらかに景観に合っていない・街の雰囲気を乱している、異質では、目立つことはできても評判やイメージを損ないかねません。看板は街の風景のひとつとして考え、景観を乱し、企業イメージを壊すことはやめましょう。基本的には設置する土地の人に見てもらいたいもののはずです。住む人を不快にさせることは得策とは言えません。
奇抜な色やキャッチコピーは、使いどころを間違えると大きなトラブルに発展する可能性もあります。
街の雰囲気を大切にしながら、地域の人に印象づけられる素敵な看板を目指しましょう!

文字のサイズにも気を配る


文字サイズはデザインのひとつです。
看板に載せるすべての情報が同じ文字サイズは、何を一番に伝えたいのか、最初のところからいきなりつまずきます。
キャッチーなコピー、企業の名前、業種、連絡先、誰に伝えたいのか。どれを大きくするのか、よく考え、吟味してください。近くから確認したあとは、ある程度の距離から見てみましょう。
できるだけたくさんの人に見てもらうことも大切です。
サイズとは少し違いますが、文字には配置(レイアウト)・フォント・色にも気を配ってください。どれも看板のデザインにおいて重要で、看板の完成度に大きく影響します。
自分が良いと思う広告や商品パッケージなどを参考にすると良いかもしれません。その中にもわかりやすいもの、うまく伝わってこないものがあるはずです。参考になるものは実はそこら中にあふれています。
デザインは調整に時間がかかります。妥協せず、たくさん時間をかけてください。

わからないときには相談してみよう


何もノウハウや知識がないまま看板を製作・設置することは意外とむずかしいことがわかりました。看板設置のために屋外広告物法・条例を確認することからはじめなければいけませんから、気軽に行えることではありません。デザインの面でも、デザイナーの強力なくしてキャッチーで企業イメージに沿ったものを製作することは困難かもしれませんね。
法律の面が心配という方や、看板の完成度を高めたい、看板設置で収益は上げたいが手間や時間はかけられないという方は看板屋に頼るもの良いかもしれません。デザインだけ、デザイン以外のところだけ、という相談にのってくれるところもありますので、ご予算と市町村の条例、作りたい看板の種類に合わせて業者を選んで相談しましょう。

まとめ


看板2 いかがだったでしょうか?
単純に看板を募集しているところにあてはめる、というわけにもいかないようです。
法律の絡み、デザインの複雑さ、むずかしさ……。一枚の看板を設置するのに、大変なことばかりです。
しかし、たくさんの人の目に触れる看板は企業のイメージを大きく左右します。大切に考え、よく検討しましょう。

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼