木製看板の活用例!希望に沿って看板を製作しましょう

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

木製看板の種類と活用例

看板の種類は実に多彩です。そのなかでも木製看板は、店舗の系統によっては雰囲気づくりになりますし、存在感もあります。さらに、木目や色合いが異なる一枚板を使用することで世界にひとつしかない看板を製作することも可能です。

ここでは、木製看板の種類や活用例を中心にお伝えしていきます。「どんな看板にしようかな」とイメージを膨らませながら見ていきましょう。

 

木製看板の種類と製作方法

木製看板の種類と製作方法

木製看板といっても種類は多様です。どんな場所で使われているか、どんな魅力があるのかを交えながらご紹介していきます。また、看板製作の流れや注文方法などもまとめていきます。

 

 

●木製看板の種類

・らんま木製看板

この看板が一番イメージしやすいのではないでしょうか。主に伝統的な旅館や時代劇にでてくるようなお店で入口上部に設置してあるのをよく見かけます。ナチュラルな雰囲気をだせることが魅力です。素材はスギやヒノキが使われるほか、アルミ複合板に木目シートを張って木板風にすることもあります。文字は、書く・彫るといった作業でつけていきます

 

・表札

木製の看板は表札としても活用できます。こちらのタイプは店舗ではなく、会社や教室、道場などで取り入れられることが多いです。デザインによって、高級感や温かみを演出することができます。

 

・メニュー

飲食店でよく見かけるメニュー木札です。古くからあるような店舗でとくに目にすることが多い木札は、商品名や値段が記載され壁面にぶらさがっています。手書きの場合が多く、コストをおさえて製作することも可能です。

 

 

●業者による製作方法

業者にもよりますが、木製看板の製作を依頼した場合の流れは、以下のように進みます。
まずは製作依頼をして見積もりを取ります。どんな看板を作りたいのか具体的な要望を業者に伝えて、それをもとに具体的な金額が表示されます。その後は、見積もりをもとに依頼を検討して製作に入っていきます。

 

 

看板の業者によっては、デザインから関わってくれるところもありますが、指定された看板から選ぶ、決まったデザインの中から選定するというものまでさまざまな流れが想定されます。依頼したい内容を受け持ってくれるかの確認は、事前に必要と言えるでしょう。

 

 

木製看板の見た目を左右させるポイントと活用例

木製看板を作る際には、決めるべき項目がいくつかあり、それによって見た目に違いが出てきます。

 

決めるべきことは大きく2つ。木の種類と文字の付け方です。

 

木製看板に使われる木材は、面積が大きいため目を引くための重要な部分と言えます。各木材には特徴があるので、うまく生かして木を選定していきましょう。看板材に多く使われるのは、ケヤキです。木目が美しい、耐久性があるので屋外でも長持ちしやすいといったメリットがあります。反対に、屋内で使うのであればヒノキが人気です。耐朽性に優れているので文字を彫る場合でも安心です。

 

文字の付け方には、書く・彫るという方法がとられます。書く場合にはコストがおさえられますし、彫る場合は重厚感が増すのでそれぞれにメリットがあります。また、カッティングシートを張って文字を付ける方法もあります。

 

このように、製作時には決めるべき項目がありますが、目的や希望に応じて製作していくのが一番です。上で挙げたような必要最低限の項目とは別に、細かな希望に応じてちょっとした工夫が必要になることもあります。そのために役に立つのが活用例やアイデア集です。目的別に、木製看板の活用例を確認していきましょう。

 

    • 「あたたかみや親しみやすさを演出したい」
    • ・木目や質感を生かした木製の切り文字を使う
    • ・木板とアクリル、2つの素材を使う
    • ・お店のイメージに近い字体を取り入れる

 

    • 「高級感をだしたい」
    • ・木を磨いてクリア塗装をする
    • ・木製看板の裏面にLEDを導入し、高級感をだす

 

    • 「屋外で耐久性のある木製看板をつくりたい」
    • ・素材を耐久性・耐朽性のあるヒノキにする
    • ・支柱など土台となる部分には鉄を利用する

 

  • 「オリジナル性を出したいから自分で手を加えてみたい」
  • ・木製のA型看板を用意して、上から貼りつけるアクリル看板は業者に依頼する
  • ・土台になる部分のみ製作依頼をして、塗装は自分で行う

 

 

理想の木製看板作製はおまかせください

木製看板の依頼内容は多種多様です。デザイン段階からすべて業者におまかせしたいというケースもありますが、コストを抑えたい、オリジナル性を出したい方は、自分でできることは自分でやりたいという方もいらっしゃるかと思います。しかし、看板屋によって対応できる範囲は異なるため、希望に応えてくれる業者を見つけるのは大変です。

 

看板110番では、皆様のさまざまなご要望にもお応えします。

木製看板の製作を一からお願いしたい、この作業だけプロの手を借りたいなど、ご希望を遠慮なくお話しください。ご相談は無料ですので、どなたもお気軽にお問い合わせいただけます。理想の看板屋を見つけてみませんか?

 

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

木製看板の製作依頼にかかる料金とお得に看板を作るポイント

木製看板の製作を依頼してみよう!とお考えの方のなかには、料金がまず気になるという方も多いでしょう。個人ではなく、店舗や教室などで利用されることの多い木製看板ですから、前もって料金を把握しておきたいと思われる法人様が多いのは当然です。

ここでは、木製看板にかかる料金の計算方法や、料金をすこしでも安くするためのポイントについて触れます。

 

 

木製看板の製作でかかる費用の計算方法

木製看板の製作でかかる費用の計算方法

木製看板を製作する場合はこの料金!とは言えないのには理由があります。看板は依頼内容によって一つとして同じものはないからです。しかし、製作にかかる料金はどのようにして計算されてるのかは、主に以下の3つの項目が影響しているといえます。

 

  • ・看板の種類
  • ・素材、サイズ
  • ・文字の彫り方、デザイン内容

 

看板の種類には、今回ご紹介した木製のものであったり、ほかにはサイズの大きい野立て看板、電飾看板などのさまざまなものがあります。多くの看板屋は、まずこの看板の種類によって大きく金額を分けています。

その他、看板のサイズや木製看板であればどの木を使うかといった材料の違い、文字の彫り方・書き方をはじめとしたデザイン内容によって料金が上下することがあります。

 

 

料金を安くおさえるコツ

木製看板の製作において、料金をできるだけおさえるには2つのポイントに注目します。

 

まずは、長持ちする看板を作るということです。せっかくお金をかけて看板を製作するわけですから、長期間保つように看板を作る時にひと工夫することで、長い目で見るとコストをおさえることが可能です。具体的には、木製看板を腐らせないために水はけをよくする、定期的なメンテナンスを行うことです。

 

水はけをよくするためには、看板を支える柱と看板が触れている部分に隙間を作ることで早く乾くようにします。また、防腐塗料を塗ることも有効です。防腐塗料は効果の持続に限りがあります。そのため定期的なメンテナンスをおこなって、看板の耐久性を保つことが大切です。

 

次に、自分でできるところは自分で行うということです。看板の製作を全て看板屋にまかせることも良い方法ですが、自分ができる作業は自分で行うことでその分、作業にかかる費用を浮かせることも可能です。ただし、看板製作のプロに任せたほうが、より効果的な看板を製作できる、高所での看板設置は危険をともなうということがあるので、無理のない範囲でおこなうことも大切です。

 

このように料金は、少しの工夫でおさえることができます。看板製作をするときは、よりお得になるような選択を業者と考えていきましょう。

 

 

木製看板を取り入れたい!とお考えの方はいつでもご相談ください

木製看板をつくるのには、どうしても費用がかかります。看板製作の際には業者に依頼することも多いと思いますが、料金を抑えて看板を製作することも可能です。料金設定は各業者によって異なるため、まずは見積もりから始めてみましょう。

当サイトでは、無料の現地調査とお見積り、相見積り歓迎、見積もり後の追加料金なしなど、嬉しいサービスが盛りだくさんです。お客様にご納得していただいた上で作業に入るため、見積もり後にキャンセルすることもできます。

 

看板製作だけでなく、メンテナンスについても看板110番で対応いたします。

「金額だけ見てみたい」「木製看板の製作・メンテナンスについて聞きたいことがある」など、まだ依頼を確定していない方からのご相談もお待ちしております。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼