工事看板の選び方に関するポイントと導入までの流れ

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

工事看板の種類と依頼の流れを紹介します

工事看板というと何を思い浮かべるでしょうか?工事看板の多くは、工事中であることを知らせてくれるものです。道路や街中での安全面に配慮する目的もあります。このように工事の最中には欠かせない工事看板ですが、じつは伝えたい内容によって種類がたくさんあります。
工事をドライバーに知らせるもの、工事に関する情報を歩行者や近隣住民に知らせるもの、工事の予告を行うものが代表的です。他には、許可を得て工事を行っていることを示すものもあります。

ここでは、多様な道路看板ができるまでの流れ、看板の選び方などを紹介していきます。

 

 

工事看板を依頼したときの主な流れ

工事看板を依頼したときの主な流れ

工事看板は、出来上がった看板を商品としていることが多いです。この場合はホームページなどから好きな看板を選んで、配送してもらうといった流れになります。業者によっては休業日などもありますので、発送に関しての確認を取っておくと安心です。

 

看板屋によっては、指定のレイアウトにするために別注することもできます。レイアウトをお願いするのであればデザインを工夫することも可能です。この場合は、デザインを選定する必要があるので、工事看板が出来上がるまでに余裕を持たすことも大切です。

また、レンタルという手段もあります。工事看板は期間を限定して利用するものなので、効率の良い選択と言えるでしょう。レンタルの予約をして、指定の方法で受けとり、定められた日に返却することで利用ができます。

 

このように、工事看板を依頼する際の手段は主に3つあります。購入・製作・レンタル、どの方法をとるのがいいのかをしっかりと検討していきましょう。

 

 

工事看板の選び方と安全性を高める一工夫

数多くある工事看板のなかから、利用する看板を選ぶのはなかなか迷うものです。そのようなときは、以下の2つに注目してみましょう。

 

 

・工事用看板の板面

まずは、工事用看板のパーツをチェックします。工事看板の大部分を占めるのは板面です。板面には、さまざまなタイプの下地が塗られますが、これは目的に応じて変える必要があります。例えば、無反射のタイプは夜間の反射機能がないので、暗くなってからの使用は向いていません。昼間に看板を活用したい時に有効といえます。対して、反射するタイプだと車のライトなどの光によって輝かせることができます。そのため、夜間に看板の内容を知らせたいときには、反射タイプを選んだ方が安全性が高くなると言えます。

 

・看板の表記例について

看板の表記は、工事看板において重要な部分です。工事看板の種類にもよりますが、わかりやすく知らせるためには、工事の目的・内容、工事期間などを分けて明記することが大切です。表記するテキスト例を少し挙げてみます。

 

‐工事中につき徐行をお願いします

‐工事中につきご迷惑をおかけしています

‐〇月〇日から工事を予定しております

 

夜間に活用したい工事看板の場合は、反射タイプにすること以外にも、テキストにも工夫が必要です。「徐行」「工事中」など一目でわかる言葉を選びましょう。また、誰でもわかるイラストを表示させることで工事中であることを知らせ、注意を促すことも必要です。

 

 

看板を購入ではなく、製作からしていく場合にはデザインを工夫することができます。デザイン例として、地元のゆるキャラを採用することで親しみを持ってもらう工夫をしたり、萌えキャラを使うこともあります。また絵を中心にしたカラフルな看板を作ることで、企業のイメージアップを図ることもあります。ご迷惑をおかけします、通行にご注意くださいなど、相手を気遣うテキストを添えることで、より優しさが伝わる看板になります。

ただし、自治体によって定められている様式がある場合は、それに従うようにしましょう。

 

 

工事期間に間に合う看板屋選びを!

工事看板は、施工に入るまでに用意しなくてはいけません。できれば余裕をもって工事看板を用意しておきたいものです。

看板110番なら、24時間365日の受付。迅速対応が可能です。

 

また工事看板を手に入れるまでの手段として、購入や製作、レンタルを挙げましたが、このようなご用件に幅広く対応することもできます。
購入・レンタル・製作…どれを選んだらいいのかわからない、工事期間までになんとか間に合わせたい、企業の宣伝効果も期待できる工事看板を製作したい、とにかく認知性の高い看板を取り入れたいなど、さまざまなご要望にひとつひとつお応えしていきます。

 

理想の看板屋を見つけるためにも、まずはご相談からはじめてみませんか?

 

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

工事看板の制作・レンタルを依頼したときの料金

工事看板の制作やレンタルでかかる費用の計算方法

工事看板を購入する場合の金額はわかりやすいと思います。商品を購入するときに、はっきりと金額が明記されているからです。あとは場合によって配送料などの手数料がかかることを考慮すれば、必要な費用がわかるでしょう。

 

しかし、少しわかりづらいのが、工事看板を製作する場合やレンタルをする場合です。ここでは、レンタルや製作でかかる費用の考え方や、製作において大切な見積もりについて触れていきます。

 

工事看板には、どれくらいの料金がかかるのか、これは業者によって異なるのはもちろんですが、製作費用に計算される項目は以下のようなものが一般的です。

 

・看板のサイズ
・表記する文字
・使用する材料
・デザイン

 

これらによって変わるので、費用をおさえたい場合などはひとつひとつの項目を見直して、業者と相談しながら決めるようにします。
レンタルする場合は、借りる日数や個数に応じて決まるケースが多いです。別途、配送料が必要になる場合もあります。

 

 

工事看板の製作料金を安くおさえるコツ

工事看板の製作でかかる料金を具体的に知るには、見積もりが有効です。見積もりは料金を知る目的だけでなく、相見積りを行うなど上手く活用することでよりお得に依頼をおこなうことも可能です。

 

工事看板を作るまえには、行って損はないのが見積もりです。見積もりは信頼のできる業者に依頼することが大切です。悪徳な業者に頼んでしまって、金銭的に損をしてしまった…なんてことにならないように、優良な業者の見分け方についても理解しておきましょう。

 

見極めるポイントとしては、

☑ 実績、資格はあるか

☑ 見積もりに関してしっかりと説明があるか

☑ 看板を製作する目的に応じて対応してくれるか

などがあります。信頼できる業者に見積もりをとるということが、看板製作のためにまず行いたいことです。

 

 

工事看板についてお悩みのときにはいつでもご相談ください

主に見積もりの大切さについて触れていきましたが、当サイトでは見積もりから安心してまかせていただけるサービスを行っています。

 

無料の調査や見積もりなので、どなたにでもお気軽にご利用いただけます。また、見積もり後の追加料金が発生しないので、他社との比較も容易です。さらに見積もり後のキャンセルも可能です。

 

見積もり段階では費用が発生しない仕組みになっていますので、お金がかかるのではないか…と金銭面の不安がある方も安心してご利用ください。工事看板の導入にはさまざまなパターンがあるからこそ、損をしない選択肢を考えていきましょう。まずは直接、看板製作のプロと話してみてください。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼