電飾看板の種類や効果的な看板にする3つのポイント|【格安】プロの看板屋が1万円~製作・制作します|看板110番
看板制作・製作の事なら看板110番 > ★記事コンテンツ > 電飾看板の種類や効果的な看板にする3つのポイント

電飾看板の種類や効果的な看板にする3つのポイント

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

電飾看板の種類と効果的な看板の作り方

電飾看板は病院や飲食店、夜間まで営業する居酒屋さんなどで活躍する看板です。暗いなかで光る看板は、ひときわ目を引く存在になります。昼間も看板として機能し、暗くなれば光らせることができるので、サービス業をされている幅広い方に利用されています。
ここでは、電飾看板の種類と、効果的な電飾看板の作り方、適切な設置場所など、導入前に知っておきたいことをまとめます。

電飾看板の種類

電飾看板の種類

電飾看板というと見た目的にはあまり大差はないかもしれません。しかし、機能面を見ていくとそのタイプはいくつかに分かれます。電飾看板の種類を一つづつ確認していきましょう。

まずは使われるランプの種類についてみていきます。使われるものとしては、2つあります。

 

 

・蛍光灯タイプ

蛍光灯をつかった電飾看板は、現在一般的に使われています。蛍光灯を使用しているので容易に取り入れやすいのがメリットです。また、蛍光灯をつかった電飾看板は種類も多いため、選択肢が広がります。

 

・LEDタイプ

LEDは消費電力が少ないので長持ちします。そのため、蛍光灯と比べると定期的なランプ交換が不要になります。省エネにもなり、環境に優しいタイプとして、LEDを搭載した電飾看板が導入されています。

 

 

電飾看板は使われるランプの違いの他に、見た目による違いもあります。例えば、看板に矢印や看板側部に点滅球を使用したものです。こういった形に特徴がある電飾看板を取り入れることによって、より目立つ看板になります。インパクトを与えたいときや、周りに同じような電飾看板があるときに差別化を図りたいときにおすすめです。あとは、和食店でよく取り入れられる和風タイプの電飾看板や、ポスターを差し替えできるタイプなど、電飾看板には種類が豊富にあります。

お店のイメージとよくすり合わせて看板を選ぶことが大切です。

 

 

集客できる電飾看板の作り方と適切な設置場所

電飾看板は、ほかの看板と比べて発光する分目立つ看板です。しかし、同じように電飾看板を導入している店舗が集中してしまうことも多々あります。そこで電飾看板を取り入れるときには、集客できる看板作りを目指します。効果的な電飾看板の作り方と設置位置について見ていきましょう。

効果的な看板を作るためのポイントが以下の3つです。

 

 

・目的を明確化する

看板を取り入れるときには、目的を明確にします。店名をアピールしたい場合には大きな看板、商品やメニュー、金額を知らせたい場合は小さめの看板など、目的によって選ぶ看板が変わってくるからです。

 

・業種や周辺環境によって看板の作り方を変えることが大切
メニューや金額が変動しない業種であれば、具体的な値段表示をすることで集客に結び付くことがあります。そうでない業種であれば、サービス内容や店名を大きく載せることでお店の存在をアピールすることができます。繁華街など1階部分だけでなく、上階にも店舗が固まっている場合は競争率も激しくなります。何階になるのかなどを記載したり、点滅球、矢印をつかって他の店舗との差別化を図らなくてはいけません。

 

・内容が頻繁に変わる場合は、入れ替えタイプの電飾看板を

電飾看板のなかには、表示内容を入れ替えることのできるタイプもあります。頻繁に商品が変わる場合は、日替わりでアピールしたいことが異なる場合は、ポスターを入れ替えできるタイプを選ぶと良いでしょう。季節ごとにデザインを変えてみるなどの工夫も出来そうです。

 

 

‣適切な設置場所

効果的な看板を作ったあとは、適切な場所への看板設置が必要になります。電飾看板は、歩行者の目線に合わせた設置が必要です。建物に対して垂直に設置すること、片面タイプの看板であれば人の流れに合わせた向きにすることが大切になります。屋外の設置に関しては、法律に触れることもあるので各自治体への確認も必要です。

 

 

看板選びから設置まで、幅広く対応いたします

電飾看板にコストをかけて取り入れるのであれば、より高い集客効果を望みたいものです。
電飾看板は、光って目立つという特性がありますが、看板を製作する段階でさまざまな工夫をすることで看板のもつ効果をより高めてくれます。

 

その工夫を看板屋にまかせてみませんか?「より効果的な電飾看板を作りたい」「周りで電飾看板を使っている店舗が多いから、負けてしまわないか不安…」といったときは、看板屋にまかせるのが一番です。電飾看板は設置位置や向きも大切になってきます。看板選びからデザイン、設置までわからないことは何でもご相談ください!

 

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

電飾看板の製作を依頼したときの料金

電飾看板を取り入れたい!というときに気になる料金。さまざまなホームぺージを見ても、なかなか具体的な金額が見えてこないことも多々あります。ここでは、電飾看板の製作にかかる料金はどのように決まるのか、見積もりの大切さ、お得に電飾看板を取り入れるコツなど、お金に関する情報を盛り込みます。

 

電飾看板の製作でかかる費用の計算方法

電飾看板の製作でかかる費用の計算方法

電飾看板を取り入れる際には、以下の項目によって料金が変わります。

 


・看板に使う素材
・看板のサイズ
・看板の設置

 

電飾看板に使う素材によって、価格が変動します。また、サイズが大きいほど料金は高くなる傾向にあります。設置については、スタンド看板のように自分で設置できるものでは必要ないかもしれませんが、突き出し看板のように大きな看板を設置する場合には依頼することになります。どのような電飾看板にするかによって、大きく金額が変わることがわかると思います。

具体的に知る場合は、見積もりがオススメです。看板110番では、無料で見積もりを行っているので、「まずは金額を知りたい」という方にもお気軽にご利用いただけます。

 

電飾看板をお得に取り入れるコツ

電飾看板のランプには、蛍光灯のほかにLEDがあることを上の章で説明しました。LEDはキレイに発光するので取り入れたい!と思っていても、費用が気になるから安い蛍光灯タイプを選ぶということもあるかと思います。しかし、長い目で見るとLEDを取り入れる方がお得な場合もあるのです。

 

LEDのメリットは、看板がくっきり見える、長持ちするので定期的な交換が必要ない、電気代が安くなることです。こうやって見てみると、電飾看板を長く使う予定のある方は、蛍光灯よりもLEDの方がお得になると感じるはずです。

 

ただし初期費用はLEDの方が高くなるので、看板屋とよく相談して決めることが大切です。知識が豊富な看板屋なら、よりお得になる提案をしてくれるでしょう。

 

 

電飾看板の導入でお悩みのときにはいつでもご相談ください

電飾看板を取り入れるときには、どうしたらお得になるのか?費用をおさえつつ、効果的な看板を作りたいといった疑問や希望がたくさんでてきます。そんなときこそ看板屋の出番!

 

看板110番では、無料の見積もりを行っています。見積もり後の追加料金が発生しないので安心してまかせられますし、見積もり後でもキャンセルできるので「料金だけ知りたいんだけど…」というご要望にもお応えができます。依頼をしたいけど迷っている方、導入が初めてで不安な方、さまざまな方に対応できる最適な看板屋を見つけましょう。

 

いつでもお客様からのご相談を受け付けます。遠慮なく、ご要望・疑問点・ご不安な点をお話ください。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!